タグ「アクセスアップ」が付けられているもの


dtn サイトのアクセス数

皆さん、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
dtntop_logo_new_year.png

さて、この年末年始のことですが、いつも使っているPCだけでなく、
ややホコリをかぶりつつあった、旧制作PCのデータも整理してみたところ、
HDDの奥地におもいっきり古いデータをいくつか発見しました(^△^;)

その古いデータの中に、以前dtnで定期的にやっていた、
アクセス数報告ページのコンテンツがありましたので、
せっかくなので再度アップしておきました。
dtnのアクセス数については、このブログでも何回か報告しておりますが、
2003年から2004年頃は毎月報告しておりました(^▽^;)

dtn_access_report.png

ただ、この数年前のデータだけだと全く意味もなく、面白くもないので、
昔みたいに直近のデータも追加していくことにしました(^◇^;)
皆さんのアクセスアップには全く役に立たないとは思いますが、
お時間ありましたらご覧下さい。
dtnのアクセス数報告ページ

意外な人気コンテンツ

最近のアクセス数推移をご紹介したついでに、
dtnの中で、いったいどのコンテンツが最も閲覧されているか?
の結果も合わせてご紹介しておきます(^▽^;)

"ディレクトリ型検索エンジンdtn"
とTITLEを付けてることからもお分かり頂けると思いますが、
dtnでのメインコンテンツは、ディレクトリ&検索機能部分です。

というわけで。
この部分が最もアクセス数があるだろうと思いきや、、、
結果が全然違うことになってて驚きました( ̄  ̄;)


↓は5月一ヶ月間の解析結果です。
access_directory.png

これを見ると、お試しに作ってみた画像掲示板部分が
先月の閲覧数全体の半分くらいを占めていたようです。。。(^△^;)

それにしても、、、googleで"画像掲示板"と検索しても全然出てこない、
書き込みもそれほど無いこの画像掲示板集が最も閲覧数があるとは、、、。

肝心のメインコンテンツのディレクトリ・検索部分も
もうちょっと閲覧数が増えるように、何か新たな機能でも考えてみようと思います。

アクセスアップの原因とは・・・?

昨日(10/18)の10:00 - 12:00ぐらいに、
『あれ!?』って思うくらいアクセス数が急に増えてました。
といっても、普段から過疎ってるサイトですので、
数字的にはそんな大したものじゃないですけど、、、(^△^;)

ただ、、、いきなり&短時間だったので、
某巨大掲示板にでものったかな・・・?とか気になり、
リファラとかも調べてみたりしてみました。
しかし、キーワード『dtn』とかで検索してるものばっかりで、
どうも原因が分からず、、、。
なんだろなぁ?とは思いつつ寝てしまいましたが、
今朝になって、その話をした知人から『これのせいじゃないの?』ってメールを頂き、
やっとその原因が理解できました。

その原因と思われるのが↓これでした。
GoogleがSEO目的のディレクトリにペナルティ――どんなサイトがなぜ罰せられたのか? 対策は?
ちょうど昨日の10時頃に公開されてました。(2007/10/18 10:00)

なるほどなるほど?。
最近、Googleが有料のリンクとか、SEO目的のディレクトリとかに、
ガンガンペナルティを与えたりしてるようで、海外のその種のサイトには既に
ペナルティが与えられてますって報告のようですね(詳しくはリンク先をご確認下さい)

で。この記事が公開された途端に、日本ではどうなんだ?ってことで、
キーワード『dtn』とかで皆さんが検索してくれてたみたいです。
ペナルティが与えられたか?って目的で調べられるのは・・・ですけど、
ディレクトリとしてある程度認知されてるって意味では嬉しい話です(^▽^;)

それにしても。ちょっとの情報も見逃さず、日々検索エンジンと格闘している
SEO業者の方々とかには、ホントビックリ!!してしまいますね。
記事が公開された直後に検索数がドカンと増えてますし。
いやはや。。。すごい世界です。

warning.png

ところで。先ほどの記事に、ペナルティを受けたディレクトリの基準が
書かれてあったので、それをこちらでもご紹介しておきます。

1.雑多な主題
エンターテインメント - 教育 -地域情報とかがある、
総合的なディレクトリが怪しいサイトに多いってことでしょうか。
手っ取り早くディレクトリを作るぞ、って考えた時、
Yomiサーチとかのツールを使うことになるでしょうから、
これもなんとなく納得です。

2.誰でも登録できる
自動登録可能(審査無し)なディレクトリとかだと、
スパムサイト(ほとんど内容のないサイトとか)が山ほど入ってくるからダメってことでしょうかね。

3.ウェブマスターたちに対するマーケティング
SEOとかを話し合う場で、自分の自己紹介とかにディレクトリリンクを張っていたら、
Googleのスパム認定担当者に見つかって、調査を受け易いってことでしょうか・・?

4.トラフィックではなく、検索エンジンリンクの価値を謳う
「検索エンジンに最適化済み」とか、
「高いPageRank」とかを売り文句にしているディレクトリは、怪しいってことでしょうね。

5.操作的リンクビルディングの使用
PageRank値を高くするために、色々な裏工作をやってるディレクトリってことですかね?
確かに、スパム認定されたサイトは、みんなページランクがかなり高めでしたね。
ページランクとアクセス数はあまり関係ないとは思いますけどね。。。
実際、ほとんど人がいない感じのサイトばっかりですし。

6.リンクとコンテンツを「自然発生的」に見せかける
政府や教育関係のウェブサイトを張って、いかにもスパムが少ないですよって
見せかけているディレクトリってことでしょうか。
まぁ、、、自動登録にしておくと、あっという間に
怪しいサイトばかりになってしまい、ほとんど意味がなくなるんですけどね。。

7.「プレミアム」スポンサーの設定
有料リンク(○○○円払うとここにリンクを張ります)があるとダメってことでしょうね。

8.他のディレクトリとの相互リンク
複数のディレクトリに対しての有料リンクがあると、さらにダメってことですね。
(○○○円払うとAサイトとBサイトとCサイトにリンクを張りますって感じでしょうか。)

9.共通の人気リンク
最近追加されたリンクとかに、アフィリエイトサイトとか、中身の無いサイト
ばっかりのってたらダメってことでしょうね。

10.リンクへの入札
とにかく、有料リンクは絶対ダメってことですね。

11.アンカーテキストの選択によるリンク操作
これは、、、どういう意味だろう。ウーム。。。

12.SEOサイトにバナー広告を掲載するディレクトリ
Googleのスパム認定担当者は、SEOサイトも頻繁にチェックしてるだろうから、
そんなとこに有料広告出すディレクトリは、即チェックが入るだろうってことでしょうか。

13.相互リンクの要求
登録条件として、相互リンク必須とか、あるサイトへのリンク必須
とかがあるサイトってことでしょうね。

14.登録リンクのアンカーテキストを自由に選択できる
一度に2、3個のカテゴリに登録することが出来たり、登録サイト名(リンクの部分)が、
長々しい宣伝文になってたりしてるディレクトリはダメってことでしょうね。
『お仕事探します!求人・就職情報満載の○○○』って感じのサイトばっかり
登録されてるディレクトリは最悪ってことでしょうね。


基準を見てみると、dtnにも当てはまることがあるような、無いようなって感じですね。
まぁディレクトリ型検索エンジンとしてやっているので、
該当するところが無いってことはないので、しょうがないとは思いますけどね(^△^;)

でも。せっかく頑張って0からプログラムをして作ったディレクトリなので、
出来る限りきれいなディレクトリとなるよう、
登録時のチェックとかは厳しくやってますので、まぁ大丈夫でしょう。
そのせいか、なかなか登録サイト数が増えていかないですけどね。。。


というわけで、アクセスアップ事件から、
色々考えさせられてしまいましたというお話でした(^▽^;)

ディレクトリ型サイトはいっぱいありますけど、皆さんも
なるべくきれいなディレクトリを選んで登録して下さいね。
もちろん、dtnもどうぞ宜しくお願い致します。